ファッション業界の 生産・流通‣小売の業態構造の変化

これまでの多くのライフスタイル産業のモノつくり企業は、「Mobile・スマフォ、IT革命、生産・流通革命、グローバリゼーション」などの進化と変化により、旧来の「日本型の製造・流通・小売」に大きな変化が生じました.多くの企業が苦戦するなか、サプライチェーンの新たなビジネスモデル(大量生産・販売・消費の構造)が生まれ川上・川中・川下という日本の伝統的なバリューチェーンは、瓦解しつつあります。 一方で日本の社会・消費の構造は、少子高齢化・人口減少社会に向かって、大量・大衆消費の産業構造の歪みが生じつつあり、一人ひとりの趣味・趣向の違い、生活パターンの違いによる『多様化・ダイバーシティ』の時代に消費者は、安さ以外にも機能性や品質を兼ね備えた商品にお金を投じる「選別消費」という消費に対する志向の質的変化や「デジタルテクノロジーの進化による情報格差時代・デジタルディスクリプション時代」は、消費者の購買動向の変化が顕在化しつつあります これからの小さな「モノつくり企業」や起業者」たちにとって「大企業や先行企業と対等に競い、勝つ」ために、この変化をチャンスと捉え、従来の「モノ造りや売り方」を見直し、時代の変化に対応することが重要と考えます。そのためには、「自社・自身のポートフォーリオを明確にし、自社の弱みを強みに進化させ、自社のモノつくりを究め、オンリーワン化し、作り手とお消費者との距離を近づけて消費者に「製品やサービスの強みをダイレクトに認知」して消費者をお客様にすることが重要と考えます。小さなモノつくり企業は、「変えるものと変えないもの」に対して柔軟に対応し、 自社の革新策と社員のスキルアッププランを策定し、そのOODAループを実行できる人材(企業内アントレプレナー)の育成が重要と考えます。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

(ファッションビジネス学会ホームページ引用・転載) ファッションビジネス学会活動の展望 ファッションビジネス学会は1993年11月に発足、2002年9月、10年間にわたる研究活動が実って、日本学術会議の登録学術研究団体(家政学・経営工学)に認定されました。 この学会は通常の学会とは違い、具体的なファッションの問題をめぐって産業界と学界が協力しあい、ファッションビジネスを学問として体系的に研究す

変化するファッションビジネスは、ビジネス教育の研究活動やビジネス活動にも変化が求められ研究・活動においても変化に対応し,質的 な変化が求められます。 参加者の所属機関・企業、アントレプレナー・フリーランスや学生たちの各々のコンプライアンスを保ちながら、「業種の際」、「地域の際」、「世代の際」を越えた「教導・協働」で新しいファッションビジネスの醸成・創造のための機会と場つくりを目指します。 「